post

自己所有の中古自動車を査定に出す際には、目につくキズや凹みが存在

自己所有の中古自動車を査定に出す際には、目につくキズや凹みが存在すれば見積もりの際に減額されることがほとんどです。

目立つ傷や凹みがあったとしても、素人が自己判断で勝手に直すことは止めた方が良いでしょう。

修理の腕前が一定以上でなければ、ちょっと見ただけではきちんと直っているように見えても修理箇所を専門家が見たらそれ程きちんと直っていない場合も多いのです。

しかし、査定に出す前に修理に出すのが良いということではないのです。修理にかかった費用以上に査定額が高くなることは望めず、手間がかかる割に損をすることになってしまうからです。原則的に、車査定において必ずしも必要な国家資格などは存在しないのですが、国家資格の代わりに国が推奨する民間の資格として中古自動車査定士があります。この資格はJAAI(日本自動車査定協会)によって認定され、小型車、それから大型車に分かれているのです。技能および学科試験をクリアして、なおかつ半年以上の実務経験がないと授与されないので、この中古自動車査定士の資格所持者は、すなわち一定レベル以上のスキルがあるということが分かってもらえるのではないでしょうか。車を売却する時に意識するのは、自分の車がどれくらいの値段で売れるものなのかということでしょう。

当然、車によって差があることはわかりますが、車下取りの市価表のようなもので、事前に知っておければ、心を落ちついけてアドバイスを受けることができると思います。

車を購入する友人たちに聞くと、古い車はほぼ100%下取りに出しているようです。

でも、ちょっともったいないと思いませんか。

下取りはラクだけど値段は言い値で、買取のほうが高くなるかもしれないですよ。

下取りにせよ買取にせよ、手間と利益の兼ね合いですが、車種、中古車としての状態などによっても下取りより買取のほうが妥当なケースも多いと思います。

うちでは妻が買い物用の車を買い替えるとき、僕は「下取りはちょっと待て」と言って、買取業者に声をかけてみました。

そしたら、買取業者のほうが高かったんです。

特に高額だった1社にきくと、ちょうどこの車を探しているお客さんがいるのだそうです。現金で即日で払ってくれるというので、その週のうちに契約を済ませ、早々に新車を購入しました。ローンは利息がつくので、頭金を入れて安く済んで良かったと思います。

下取りでいいのにと渋っていた家族も、このときは「すごーい」と言ってくれました。

うっかり車検を切らしている車は査定をどうしたらいいかというともちろん、査定は受けられるのですが、ただし車検を通していない車の場合当然走行できませんから、出張査定を選択するしかありません。

では車検を通してから査定をと考えるかもしれませんが、そうするより、車検切れのまま売ってしまう方が車検に使うお金が無駄になりませんし、そのまま出張査定をうけることを決断しましょう。

出張査定の場合でも、より高い査定額を狙うために一社でなくいくつかの業者に頼むのが手間かもしれませんが得になります。

先日、長年の愛車を売ってきました。

売りに行った際に中古車販売の業者から、売った車をその後WEBで販売する流れや取引の手続きに関する書類などの親切な説明を受けました。

大切にしてきた愛車だったので、大切にしてくれる方に売れて欲しいと思い、真剣に説明を受けました。それまで乗っていた車を新しい車に買い換える場合、古い方の車が不要になるので、ディーラーに下取りしてもらうというのはよく聞く話です。同じところで購入も売却も済ませられるので、いちいち買取業者に売りにいくのと比較すると単純に考えても手間は半減しますし、気楽という点ではこれ以上の方法はありません。けれども、買取(下取)金額という点で見るとディーラーと中古車屋では、ディーラー価格は業者価格より安くなってしまう傾向があり、特に「言い値」の下取りでは損をすることも多いです。

同じ処分するのでも安いと高いでは気分も違います。高額査定を期待するのでしたらやはり買取業者に勝るものはありません。車の現状はその見極めにおいてとても重要な判断材料になります。

故障した箇所がある場合、目立つような酷い損傷箇所がある場合は、大幅な値下がり原因となってしまいます。

走った距離は基本的に少ないのに比例して評価も高くなると思ってください。

真新しい状態で購入して5年が過ぎている場合なら、3~4万キロだと高く買い取られます。曇天の日や雨が降っているときなどは、ボディのキズが見えにくいのでマイナス点がつかない分、高額査定が見込めるなどと言われますが、実績を積んだプロが見落とす可能性は低く、むしろ念入りにチェックする傾向もあります。それに晴れだってメリットがないわけではありません。

洗車済みの車は晴れた自然光の下では断然見栄えがします。お天気次第でこちらが絶対有利なんてものはないですし、いまさら査定日と天気を関連付けて考える必要はあまりないでしょう。実際に業者が来て査定する際、より良い査定金額を出してもらうにはある種のコツが不可欠です。それは意思表示です。つまり、売主側は査定金額さえ良ければいつでも契約するアピールをしてみせ、その上で誠意ある対応を求めるのです。

買取対象車を引き取る日時を決めてしまえば営業マンもこれからの販売見込みがはっきりするので、お互いに金額交渉が円滑に進められます。